MENU

就職・転職に英文履歴書

就職・転職の際には、就職・転職する先が外資系などの企業の場合には、人事担当のhとが外国人であるということもよくあるといわれています。一般的には就職・転職の際には、英文と和文の両方の履歴書を提出するように支持してくれるところもありますが、会社によっては、英文履歴書のみを就職・転職の際に提出することもあります。まず、英文の履歴書を就職・転職の際に書くときのポイントとしては、自信をもって自分をPRすることが大切です。英文履歴書には決められた型というのがありませんから書き方は自分で好きに決めることが出来ます。海外ではこのプレゼンテーションの能力も見ることから決められた型がないのが特徴です。

 

就職・転職で英文履歴書を書くときには、みやすくて、わかりやすい履歴書にすることが一番の基本になってきます。就職・転職の際の履歴書は英文でも和文でも共通して言えることなのですが真実だけを書きましょう。嘘を書くのは採用が決まってから苦労する元になると思います。そしてほとんどの場合、採用担当者が膨大な数の履歴書を診ることになると思うので、就職・転職を希望している人の中からいかに自分の履歴書をよく読んでもらうかが大切になってきます。自分の専門的なことが何かや、自分が希望する職種などを記載して意欲をみせて目を引くような英文履歴書を就職・転職の際に提出するといいと思います。

就職・転職に外資系を目指す

就職・転職先に外資系企業へ行きたいと思っている人も多いと思います。就職・転職の際に外資系を希望している人は英語を活用して働きたいと考えている人が多いようです。が就職・転職で外資系の会社を選ぶ場合、英語が使える仕事につきたいからと言ってすぐに外資系の会社につながるということではないと思います。外国と英語を使って取引をする日本の会社も沢山あります。股、外資系でも親会社が海外にある日本の法人の場合は、英語を普段社内で使う機会がない場合もあるといわれています。就職・転職で外資系の会社を目指している人は多いのですが外資系の会社と言ってもタイプがいろいろです。

 

例えば、就職・転職に外資系の会社を選んだ場合3つのタイプに分かれています。海外に本社がある日本に出向してきている人がたくさんいる外資系への就職・転職の場合や社内公用語は英語で、社内文書も英語になりますし、幹部の数人だけが外国人の外資系の企業の場合は、社内公用語は日本語で、社内文書は英語になります。そして外資系の会社には社員全員が日本人というところもあって社内公用語は日本語で、社内文書は日本語と英語といったように、外資系と言ってもいろいろなんだそうです。就職・転職で外資系を行く場合には、自分がどのようなスタイルの外資系に行きたいのかをまず考えてから選ぶようにするといいと思います。就職・転職で外資系の会社へ行きたいと思っているならTOEIC750点以上は必要だといわれています。

就職・転職に人気の職種

 

就職・転職で人気のある職種について紹介します。最近就職・転職で人気のある職種の1番にグラフィックデザイナーの仕事があります。グラフィックデザイナーの仕事は、お給料も比較的いいようです。就職・転職でグラフィックデザイナーとして働く場合いろいろなもののデザインをすることになります。そして就職・転職に人気のある職種の2番目としてWEBデザイナーも人気があるといわれています。WEBデザイナーはこれからもっともっとインターネット社会になるので、就職・転職先も沢山ありますし、就職・転職を希望する人も多い職種です。そして、就職・転職で人気のある職種にはデータ入力や事務職もあります。

 

就職・転職で人気のある職種から見てわかるように、最近の傾向では就職・転職にはIT関係の仕事が人気があるようです。インターネットの普及とIT社会でこれからも需要がどんどん伸びることは間違いない業界ですから、就職・転職の人気の職種になっているようです。就職・転職にIT系の業界を選ぶ場合には何かIT系の資格を持っていると就職・転職に有利です。就職・転職に人気のある職種はその時代によって違うと思いますが、近年はIT系の就職・転職先が続けて人気です。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1消費者金融10
2審査の甘い消費者金融10
3ひどい顎ニキビの治し方10

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1絶対借りれるカードローンはあるのか?10
2ひどい顎ニキビの治し方10
3審査の甘い消費者金融10
4消費者金融10